株価の急激な変動は市場の混乱を招き、投資家に大きな損害を与える可能性があります。そうした危険性を避けるために、1日の値動きの幅に制限が加えられてています。この制限値幅の限界まで上昇することをストップ高、下落することをストップ安といいます。ストップ高まで株価が上昇するということは、株価が高いにもかかわらず、その株が高くても買いたいという人が、売りたい人より多いことを示しています。ストップ高の銘柄は連騰することがあります。その上昇の並に乗じれば大きく稼ぐことができます。しかし、ストップ高後に大きく値を下げるということもありますから、注意しなくてはいけません。大きな利益を得るためには、ストップ柄銘柄の最新情報を入手売することは重要です。